産み分けは女の子の方が簡単?どんな方法がある?

赤ちゃんが欲しい、男の子がいい、女の子がいいと言う方はいつの時代もいました。

と、言いますのも、家業によって跡取りの男の子が欲しいという方もいれば、男の子ばかりだから女の子が欲しくてたまらないという方もいます。

そんなことから、食生活とか、夫婦生活の時の方法だとか、まあ少々信ぴょう性のないものもありますが様々な方法が伝えられてきていて、それが産み分けと呼ばれています。

・一般的に言われているのは女の子の方が簡単?

一番、よく知られている産み分け方法といえば、排卵日の日は男の子ができるというものではないでしょうか。

つまりです、排卵日の日に夫婦生活を行えば男の子ができやすく、そうでない日の妊娠の場合は女の子の可能性が強くなるということです。

これは男性の精子とか女性の卵子、酸性とかアルカリ性とか関係している話で、信ぴょう性がありそうですが、排卵日の日に妊娠したけれど女の子だった、もしくは排卵日ではないはずだけどまた男の子だったと言う話は沢山ありますので、やはり100%確実というのは今のところ自然妊娠ではないということでしょうか。

・確実ではないけれど、信じている人もいます

確実なものはないのですが、病院で頼めば産み分けできるとか、女性が強気だと男の子とか、男性がパソコンを沢山使っていると女の子とか色々なウワサはネットでも検索したら出てきますし、それで希望の性別の赤ちゃんを授かった人もいるわけですから信じている人もいます。

ですが、個人的には確率として2分の1である以上、希望の性別、そうでなかったと2つに分かれるのは当たり前のことでもありますよね。
月並みな言い方ではありますが、希望の性別があることは悪いことではありませんし、試してみるのもいいと思います。

ただ、やはり性別を決めるのは神の領域のような気がして神秘的なものを感じます。やはり赤ちゃんは授かりものです。どちらの性別の赤ちゃんが自分たちの元へ来てくれるのか、楽しみに待つというのが一番理想的なような気がします。