カテゴリー別アーカイブ: 栄養

生まれて間もない新生児の食事について

生まれて間もない新生児の食事についてです。

この世に産まれた新生児の一番初めの食事は病院の助産師さんがあげることになります。産まれて2?3時間後にミルクをあげます。胃がとても小さく、まだミルクを吸う力もとても小さいためとても少量のミルクをあげます。

その後出生日は約3時間に1回のペースで食事をします。

新生児の1回のミルクの量は基本的に産まれてからの日数×10mlが目安です。よって、生後1日目は10ml、5日目は50mlとなります。
新生児は基本的に体重を増やしていくことが重要なので、この量は必ず飲ませるようにします。

生後1日目から母乳を飲ませるようにします。ミルクよりも母乳の方が栄養価が高く、感染症の予防や免疫力をつけることにとても効果的なので、母乳を飲ませる方が好ましいです。ただお母さんも出産後すぐに母乳がたくさん出るわけではないので、最初は母乳を飲ませ足りない分はミルクで補う、というやり方も可能です。

赤ちゃんに母乳を飲ませているうちに、お母さんも母乳が出るようになるので量が足りるようになったらミルクは使わずできるだけ母乳を飲ませるようにしましょう。

基本的に3時間ごとに食事となりますが、ミルクか母乳かにより消化の時間が変わるので、食事の時間を縮めても大丈夫です。ミルクの方が腹持ちがよく、母乳の方が消化の進みが早いので、母乳だけ飲んでいる赤ちゃんは2時間や2時間半でお腹を空かせ泣いてしまう子もいます。その場合は3時間まで待たずに、泣いてしまったらまた母乳をあげて大丈夫です。その場合もまた規定量あげるようにしましょう。

3時間ごとになるので夜中もあげなければなりません。お母さんは起きて母乳またはミルクをあげます。もし赤ちゃんが寝てしまってお腹を空かせ泣かなかったとしても、起こしてでもあげてください。何よりも、赤ちゃんら栄養をとり、成長をしなければならないので、お母さんは赤ちゃんのために頑張りましょう。

産み分けは女の子の方が簡単?どんな方法がある?

赤ちゃんが欲しい、男の子がいい、女の子がいいと言う方はいつの時代もいました。

と、言いますのも、家業によって跡取りの男の子が欲しいという方もいれば、男の子ばかりだから女の子が欲しくてたまらないという方もいます。

そんなことから、食生活とか、夫婦生活の時の方法だとか、まあ少々信ぴょう性のないものもありますが様々な方法が伝えられてきていて、それが産み分けと呼ばれています。

・一般的に言われているのは女の子の方が簡単?

一番、よく知られている産み分け方法といえば、排卵日の日は男の子ができるというものではないでしょうか。

つまりです、排卵日の日に夫婦生活を行えば男の子ができやすく、そうでない日の妊娠の場合は女の子の可能性が強くなるということです。

これは男性の精子とか女性の卵子、酸性とかアルカリ性とか関係している話で、信ぴょう性がありそうですが、排卵日の日に妊娠したけれど女の子だった、もしくは排卵日ではないはずだけどまた男の子だったと言う話は沢山ありますので、やはり100%確実というのは今のところ自然妊娠ではないということでしょうか。

・確実ではないけれど、信じている人もいます

確実なものはないのですが、病院で頼めば産み分けできるとか、女性が強気だと男の子とか、男性がパソコンを沢山使っていると女の子とか色々なウワサはネットでも検索したら出てきますし、それで希望の性別の赤ちゃんを授かった人もいるわけですから信じている人もいます。

ですが、個人的には確率として2分の1である以上、希望の性別、そうでなかったと2つに分かれるのは当たり前のことでもありますよね。
月並みな言い方ではありますが、希望の性別があることは悪いことではありませんし、試してみるのもいいと思います。

ただ、やはり性別を決めるのは神の領域のような気がして神秘的なものを感じます。やはり赤ちゃんは授かりものです。どちらの性別の赤ちゃんが自分たちの元へ来てくれるのか、楽しみに待つというのが一番理想的なような気がします。

葉酸は妊娠初期には普段の2倍近い量が必要

妊娠時に赤ちゃんを健康に育てるために、特に重要な栄養素として葉酸、カルシウム、鉄分があげられます。

葉酸は緑の葉に多く含まれていることが名の由来で、赤血球の形成やたんぱく質や細胞をつくるときに必要となる核酸を合成する働きを持ちます。胎児の正常な発育に欠かせないので妊娠初期には普段の2倍近い量が必要とされています。

1日の摂取推奨量は成人女性で240?ですので、妊娠初期には1日480?必要となります。菜花や小松菜、枝豆、からし菜など葉菜類に多く含まれておりゆでた菜花であれば100g中に190?の葉酸が含まれています。

カルシウムは骨と歯を強くするために必要なミネラルで、野菜から取る場合ごまや切干大根、とうがらしなどに多く含まれています。特にごまは大匙1にカルシウムが108mg含まれており、これは1日の摂取推奨量の約1/5にあたります。

鉄分は、妊婦の貧血を防ぐために重要な栄養素となります。妊娠中は、赤ちゃんに大量の血液を送る為、体内の血液量が通常の1.4倍になります。鉄分が不足し貧血気味になりやすいので、通常よりも2倍の鉄分を取るように勧められています。

一日の推奨摂取量は成人女性で11mgとされていますので、妊婦の場合22mg必要となります。鉄分が多い野菜としては、ほうれん草やパセリ、モロヘイヤ等の葉菜類に多く、特にほうれん草は鉄分の吸収率をアップさせるビタミンCも含んでいるので積極的に食べましょう。ほうれん草100g中には鉄分2.0mgが含まれています。

また、妊娠中はだんだんとお腹が重くなり下半身の血流が滞ってしまい手足がむくみやすくなります。このむくみ解消にはカリウムの摂取が効果的とされています。カリウムを多く含む果物としてアボカド、バナナ、キウイなどがあります。1日の摂取目安量は成人女性で2000mgで、アボカド100g中に720mg、バナナ100g中には360mg含まれています。

妊娠中は、赤ちゃんとお母さんが健康になる為にも、果物と野菜をより積極的に食べるようにしましょう。